情報あたためますか

Windows系 開発VisualBasic(VB) ASP FF14遊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[FF14]

サービス一時停止がそろそろ再開予定日ですが、中々難しいかもしれませんね。
私の住んでる静岡含めて、東京電力エリアにゲームサーバがあると思うので
計画停電の影響下にあるしね。

今までは暇があったらFFにインしないと気がすまなかったのに
不思議と今はインできなくても気にならなくなりました。

また仲間達と馬鹿な話をしながら冒険できる日まで待ちましょう。


さて、暇なのでモンスター物語第3弾


ガリガリのゴブランA(愛称:ガリクソン)
脳筋なゴブランB(愛称:マッチョ)

エオルゼアのとある地域にて

A「あの。。。最近体が大きくなったきがするんだけど」
B「Hei!それは日々筋肉を鍛えているからサ」

A「いや。。。そうじゃなくて僕もマッチョも
  大きくなっていると思うんだけど」
B「Yhaaa!君も鍛えているのカイ?」

A「いや冒険者達の噂話では、僕達は[しすてむかんりしゃ]
  という人がパワーアップさせたってことらしいんだ」
B「Huuu!それは凄いじゃないか!ベイベー」

A「冒険者が言うには僕達はおいしい。って言われているの
  知ってる?僕は体がガリガリで歯もむき出しだし
  体もトゲトゲでおいしいとは思えないんだけどね」
B「Oh!そういえば冒険者に狩られそうになったけど
  かるーく一捻りしてやったぜ!」

A「うん。体も大きくなったけど打たれ強くなってる
  きがするよ」
B「HeiYou!俺達はまさに世界の中心にいるわけだ!」

A「今までみたいに冒険者の一撃でやられることが
  なくなると思う。やられてもスグにPopできる
  だけどやっぱり強くなりたいよね」
B「Yes!今すぐガリクソンも鍛えようじゃナイカ!」


こうしてエオルゼアの夜は更けてゆく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hal9604003.blog58.fc2.com/tb.php/60-49607a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

開発したツール

FFXIV Tool

連絡フォーム

Linkはご自由にm(_ _)m
連絡頂けると喜びます。
お名前:

メール:

件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。