情報あたためますか

Windows系 開発VisualBasic(VB) ASP FF14遊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[FF14]ゴブラン物語(世界の統合編)

鯖統合の話。フォーラムが炎上してますね。
それぞれ人によりどうするか、LS単位でどうするか
話が始まっているかもしれません。

強制ですから全員が考えなければいけないわけですが
きっちり対応しなければなりませんね。
なんにしても今回の鯖統合は異質な感じなのですが
どうなんでしょうかね。

さて久々の物語。

ガリガリのゴブランA(愛称:ガリクソン)
脳筋なゴブランB(愛称:マッチョ)

エオルゼアのとある地域にて
B「Yhaaa!ガリクソン!今日も元気に鍛えるカイ?」
A「マッチョか。寒いのに暑苦しいね。」

B「Hei!さっきそこで冒険者の会話を聞いたんだYO!」
A「何の会話?」

B「Yes!なんか世界が統合されるとか世界を移動できるとか
  難しいことを話していたZE!?」
A「うん。先日人間達に神の声があったみたいだよ。」
A「人間が言うには、この世界は鯖の上に乗っていて
  世界は何匹かの鯖で成り立っているらしいんだ。」

B「Hei!そうなのかい?難しい話だZE。」
A「それで分断された世界を一時的に繋いで、人間達を
  多く集めようっていうことらしいよ。
  人間達はどの鯖に行くかで結構もめているみたい。
  もちろん僕達も移動できるんだけど、どうしようか」

B「Great!新しい鯖にいって鯖を鍛えるっていうのはどうだい?」」
A「えっ?どういうこと?」

B「Huu!鯖を筋トレするのさ!」
A「いや、、、鯖と言っても世界そのものだからそれは無理なんだよ
  ノウキンすぎだよマッチョ。」
A「まぁ人間達はこの世界にとどまる為には[りあるまねー]っていうのが
  必要なったらしいし。人間同士も生きる世界がわかったら
  一緒に冒険を楽しむことができなくなるから真剣だよね」

B「・・・Sa!今日も筋トレ筋トレ!」
A「考えるの面倒になったんだね」

こうしてゴブランたちの日常は過ぎてゆく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hal9604003.blog58.fc2.com/tb.php/91-6ff4cfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

開発したツール

FFXIV Tool

連絡フォーム

Linkはご自由にm(_ _)m
連絡頂けると喜びます。
お名前:

メール:

件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。