情報あたためますか

Windows系 開発VisualBasic(VB) ASP FF14遊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[FF14]冒険者物語(継がれる思い-3-)

前回のお話-2-

長刀を操る冒険者A(通り名:ジーク)
銃を操る冒険者B(通り名:ロゼ)

-2-からの続き。
-----------------------
族の砦の最深部近くまで進んできた冒険者二人。

蛮族の攻撃はさらに激しくなっていた。

A「ロゼ、3時の方向に居るやつは詠唱時間無しで魔法を
  撃ってくるぞ。撃たれる前に先に呪具を狙うんだ。」
B「やっかいだね。注意するよ」

蛮族はかつて人が使っていた術を今でも使える。
人々はその能力を神々に奪われ、今は蛮族のみ使用できる技と
なっておりロストテクニックと呼ばれていた。

ジークはそんな技により魔法をうけつつも内なる力により
回復を図りつつ突破を図っていた。


「キーン、ギャリィ」青白い火花が飛び散る。

A「ここを。。。通してもらおう」


砦の中でも一番の手練とジークは剣をぶつけ合った

B「ジーク!横!」


キィィン。ザシュ!

ジークは横から来た斧の斬撃をガントレットで受け止め
そのまま横から来た蛮族を切り払った。

それと同時に手練の蛮族が剣を横なぎに振り払う。


パパーン!

ロゼの銃弾が腕に命中し蛮族は動きを鈍らせた。
ジークは蹴りを放ち蛮族の持つシールドを弾き飛ばした。

続けざまにジークの長刀がうなりを上げ壁際に追い詰めていた。

キィィン。キィィン。

すぐに勝負はついた。

A「俺達はすぐにこの地を去る。今は引け。」

蛮族は一時的に引いていった。


B「ジーク流石だね。あいつは相当の手練だったのに」
A「ああ、昔戦ったことがあるからな。」
B「えっ。そうだったんだ」

二人は砦の最深部の横にある小川のほとりに来ていた。

B「依頼の場所は最深部の箱かと思ったんだけど違うのかな」
A「ああ、ここが目的地だ。」

最深部から少し離れた目立たない木陰の下。
垂直に剣が突き刺さっていた。古ぼけた剣には錆がみられ
それなりの時がたっているのが感じられた。


B「ここは・・・?」

ゼは初めて来たにも関わらず懐かしさと優しさを感じていた。。。

[FF14]冒険者物語(継がれる思い-2-)

前回のお話-1-

長刀を操る冒険者A(通り名:ジーク)
銃を操る冒険者B(通り名:ロゼ)

-1-からの続き。
-----------------------
族の砦を中ほどまで進んできた冒険者二人。
日が傾き、辺りは月の光が照らしていた。

A「・・・ここで休憩だ」
B「そうだね」

二人は火を囲みながら、食事を取り始めた。

B「その長刀って常に魔法がかかっているね」
A「そうだ」

ジークの長刀は戦いが終わった後、なおも青白い光を放っていた。

B「そういう類の魔法はあるけど、常にかかりっぱなしてのは
  見たことないよ。特別なのかい?」
A「・・・あぁ」

B「いつかそんな武器を手に入れたいな」
A「・・・」

B「僕はジークの相棒としてもっと強くなりたいんだ」

ロゼは興奮気味にそう話した。

B「孤児だった僕をここまで育ててくれたジークの役に立ちたい」
A「そうか。」

ジークはいつものポーカーフェイスで答えた。

二人の冒険者は親子ほども歳は離れていたがジークは
歳を感じさせない冒険者だった。

A「ロゼ、明日は夜明けと同時に最深部へ進むぞ。もう休め」
B「そうするよ」


月明かりが照らす夜半ば、ロゼは静かな寝息を立て休み
ジークはロゼからはなれ、長刀に向かい語りかけていた。


A「・・・ああ。冒険者という職業でよかったのか悩んだがな」

A「・・・そうだ。ロゼは冒険者として立派に成長している」

A「・・・そうだな。もう渡してもいい頃だ。」

A「・・・ああ。わかっている。伝えるさ」

A「・・・大丈夫だ。しっかりしている子だ。受け止められるだろう」


A「・・・あぁ。だか俺は感謝しているさ。」

A「・・・ああ。そう言っておいてくれ。」


夜明け前。休息をとった二人は準備をしていた。

B「この先だね。依頼されたものがあるのは。」
A「そうだ。この先は敵の強さもあがるぞ。」

A「俺は敵の注視を集めつつ武器をはじいて行く。
  ロゼは遠くからの魔法に注意して敵の持つ呪具を
  確実にはじいていくんだ」
B「わかった」

冒険者二人は依頼のあった砦最深部へ向けて進んでいった。

-3-へ続く。

[FF14]冒険者物語(継がれる思い-1-)

まで会話のみで書いていた暇つぶし物語ですが結構難しいので
別の書き方も加えることにしました。
文章能力とか皆無ですし。。。文章は幼稚だし。

長刀を操る冒険者A(通り名:ジーク)
銃を操る冒険者B(通り名:ロゼ)

-----------------------
ラリとした長身、端正な顔立ち、そして身の丈をゆうに越える
長刀を背負ったジーク。

さの残る顔立ち短髪で口数多めの短銃を2丁携えたロゼ


そんな二人の冒険者はギルドの依頼で蛮族の砦を訪れていた。

B「ジーク。俺達二人でコンビを組み始めてどれくらいたったかな」
A「さあな」

ジークはロゼの方を向かないままそう答えた。
そんなことを意に介さないようにロゼは会話を続けた。

B「ウルダハのギルドの中でもトップクラスのジークが
  僕と組んでくれるのは不思議だよ。」
A「・・・」

B「二人でやってるけどほとんどジークが倒してくれてるんだし、
  僕はもっと強くなりたいよ」
A「そうだな。」

ジークはいつも通りのポーカーフェイスでそう答えた。

B「今日の仕事、砦の奥にあるはずのペンダントを取ってきて欲しい
  ていう依頼。依頼者不明なんだね。報酬額は結構あるんだけど」
A「ああ」

B「ここから砦の中を突っ切って一番奥だったよね。相当警戒しないと」
A「ああ」

段と違った砦での戦いにロゼは興奮していた。
依頼はお使い程度のものや、ウルダハ市民の護衛などが主だ。
蛮族拠点へ赴く依頼は皆無に等しい昨今の状況なのだ。

B「じゃぁ行くよ」
A「ああ」

ジークは抜刀しすばやい足取りで走り出した。
長刀を巧みに操り一足飛びの間合いの外から蛮族の武器を
弾き飛ばしていく。

そのサポートをしながら走るロゼ

鋼と鋼がぶつかり合い、乾いた金属音があたりを支配していた。

A「ロゼ、術者には呪具を狙え。魔法を止めるには一番だ」
B「わかった!」

ロゼの銃撃は呪文を唱えている蛮族の呪具を弾き飛ばしていく。

B「ジーク!相変わらず早いね」
A「無駄口をたたいてるとやられるぞ。しっかり狙え」

ジークの長刀は青白い光を放ち、敵武器とぶつかり合うたびに
鈍い青白い光を放ち敵武器を弾き飛ばしていた。
[魔法剣]と呼ばれている。

ロゼの短銃は機械仕掛けのからくりにより一時的に敵を捕らえるための
仕掛けがほどこされていた。
[チート]と呼ばれている。

二人は警戒しながら、砦を走り抜けていった。

-2- へ続く

[FF14]本気ゼーメル第2弾(少人数)

今夜は日記を語る上でゲストを招いた。

不滅隊の最高司令官”局長”、迅雷の猛将こと「ラウバーン」
以下彼の言葉。
----

 け!不滅隊の諸君!

 我らが隊の隊員であり、有能なる冒険者達がやってくれたぞ!

 難攻不落の要塞、ゼーメルを5人足らずで開放してから早1ヶ月
 今度は6人で25分で開放まで成し遂げた!

 諸君らも是非挑戦して欲しい!

 そして私に冒険者の力を見せて欲しい!
----

という暑苦しい熱いお話でした。

回少人数攻略してからしばらくたった今日、
一人増えて6人TA挑戦。攻略完了。

これまたギリギリ24分30秒程。証拠SSは忘れました。

道中凡ミスで死にましたが、ナントカ25分で収まりました。

8人攻略ではなく6人攻略であることに意義があったわけですが
よい感じで倒せました。やはりネックは時間短縮。
既存の攻略を織り交ぜつつ少人数構成用の攻略を入れて

攻略完了!

こういうのがあるからMMOはやめられない。

次はイフの少人数攻略だっ!
できるようになったら是非やってみたい。

攻略に参加したメンバーに変態にお疲れ様でした。

[FF14]ゴブラン物語(世界の統合編)

鯖統合の話。フォーラムが炎上してますね。
それぞれ人によりどうするか、LS単位でどうするか
話が始まっているかもしれません。

強制ですから全員が考えなければいけないわけですが
きっちり対応しなければなりませんね。
なんにしても今回の鯖統合は異質な感じなのですが
どうなんでしょうかね。

さて久々の物語。

ガリガリのゴブランA(愛称:ガリクソン)
脳筋なゴブランB(愛称:マッチョ)

エオルゼアのとある地域にて
B「Yhaaa!ガリクソン!今日も元気に鍛えるカイ?」
A「マッチョか。寒いのに暑苦しいね。」

B「Hei!さっきそこで冒険者の会話を聞いたんだYO!」
A「何の会話?」

B「Yes!なんか世界が統合されるとか世界を移動できるとか
  難しいことを話していたZE!?」
A「うん。先日人間達に神の声があったみたいだよ。」
A「人間が言うには、この世界は鯖の上に乗っていて
  世界は何匹かの鯖で成り立っているらしいんだ。」

B「Hei!そうなのかい?難しい話だZE。」
A「それで分断された世界を一時的に繋いで、人間達を
  多く集めようっていうことらしいよ。
  人間達はどの鯖に行くかで結構もめているみたい。
  もちろん僕達も移動できるんだけど、どうしようか」

B「Great!新しい鯖にいって鯖を鍛えるっていうのはどうだい?」」
A「えっ?どういうこと?」

B「Huu!鯖を筋トレするのさ!」
A「いや、、、鯖と言っても世界そのものだからそれは無理なんだよ
  ノウキンすぎだよマッチョ。」
A「まぁ人間達はこの世界にとどまる為には[りあるまねー]っていうのが
  必要なったらしいし。人間同士も生きる世界がわかったら
  一緒に冒険を楽しむことができなくなるから真剣だよね」

B「・・・Sa!今日も筋トレ筋トレ!」
A「考えるの面倒になったんだね」

こうしてゴブランたちの日常は過ぎてゆく。

«  | HOME |  »

開発したツール

FFXIV Tool

連絡フォーム

Linkはご自由にm(_ _)m
連絡頂けると喜びます。
お名前:

メール:

件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。